目次

適切な塗装時期を見極める方法

男性作業員

外壁塗料の種類によって塗装の適切な時期は変わるため、定期的に外壁塗装会社に診断してもらうのが得策です。外壁塗装は早め早めに行ったほうがいいと考える人が多いですが、適切な時期が存在しています。まだ外壁が傷んでいない状態、外壁塗料が乗りやすい状態という2つの条件を満たしていることがポイントです。東京で外壁塗装をするときは、まずは外壁の無料診断を受けることから始めてみましょう。

住宅の安全を守るために

刷毛とローラー

全国のなかでも東京は地震が発生するリスクが高いと言われているので、だからこそ住宅を守ることが大切です。外壁塗装は外壁の見栄えをよくするだけが目的ではありません。最大の目的は外壁の劣化を防いで、建物を長持ちさせることにあります。外壁塗装をしないと外壁にヒビが入りやすくなり、そこから浸水すると一気に建物はもろくなります。建材が水分でやわらかくなったり、歪んだりすれば震災の被害を受けやすいです。さらに強風による被害拡大も予測されるので、適切な時期に塗装をしてください。一般的にはチョーキング現象が起こったら塗装が必要だと言われており、手で触れたときにサラサラしている場合は要注意です。この状態になると外壁の劣化を促進しますし、ツヤがなくなることで汚れが吸着しやすくなっています。

広告募集中